六角脳枕


割引キャンペーン実施中!〜快眠・安眠枕〜




>>六角脳枕 公式サイトはこちらから<<


睡眠の質は枕で決まる?

 

人は人生の1/3を眠りながら過ごすと言われています。

 

 

また、眠りは日中に受けた心身の疲れや傷、ストレスを癒すとても重要なメンテナンスの時間帯です。

 

 

つまり、明日の健康は今日の眠りの質が左右していると言っても過言ではないのです。

 

 

皆さんも一度は「睡眠時無呼吸症候群」という病名を聞いたことがあることと思いますが、これは寝ている間に気道が狭窄して長時間の無呼吸状態が続く病気です。

 

 

そのため脳は無呼吸状態をなんとか解消しようとして寝ている間も起きている時と同じように交感神経(自律神経の一種)を活性化させて活動しようとします。

 

 

無酸素状態と脳の異常興奮が寝ている間に起こっているため、睡眠時間だけはたっぷりととっているつもりでも実際には「超」がつく睡眠不足状態なのです。

 

 

このため目が覚めても前日のだるさや疲れ、ストレスはほとんど解消されておらず、日中に抵抗できないほどの激しい眠気に襲われてしまうのです。これでは日常生活に大きな悪影響を及ぼしてしまいますね。

 

 

そして、寝ている間の気道狭窄の大きな原因のひとつと言われているのが「寝姿勢」です。

 

 

特に首から頭にかけて重心を支えている「枕」が寝姿勢時の呼吸に与えている影響は大きく、自分の寝姿勢に合った枕にするだけで睡眠時無呼吸症候群などの呼吸不全状態を解消し、睡眠の質を上げることで脳と体をしっかりと休め、翌日に疲れやストレスを残さないようにできるということになります。

 

寝姿勢の問題は枕の高さだけではなかった?!

マスコミ等で「睡眠の質」を議論する時に一番の注目点となるのが「枕の高さ」です。高すぎても低すぎても気道狭窄を起こすので、丁度良い高さの枕が必要である、というのは有名な話ですね。

 

 

しかし、本当に枕の高さだけを調整すれば十分なのでしょうか?

 

 

人間は体の疲れを取るために頻繁に寝返りを打つと言われています。つまり寝姿勢は刻々と変化しているのです。

 

 

仰向けと横向きで寝ている時は当然頭の高さが変わってきます。つまり、仰向けで寝ている時の寝姿勢だけに枕の高さを合わせても不十分なのです。

 

 

そこで今回紹介したいのが「六角脳枕」です。この枕はその名の通り六角形というちょっとユニークな形をしていますが、これが「快眠」を誘うポイントなのです。

 

 

快眠の秘密は独自のW凹凸構造

 

「六角脳枕」は形が六角形をしているだけでなく丁度アルファベットのWの形を模したかのような溝構造があります。

 

 

これによって寝返りを打った際の寝姿勢に合わせ頭と体が適度に浮き沈みをして、寝姿勢によって気道が塞がれないようになっているのです。

 

 

しかも肩や首を支える部分は硬めのウレタン素材を使用して沈み込みすぎないような工夫がされています。

 

 

こうすることで「寝姿勢にあわせる」だけでなく「適切な寝姿勢を作り出している」のです。

 

 

常識を覆す新事実!揺れは安眠の証拠!?

 

うたた寝や居眠りの時には人は体が前後左右に揺れています。

 

 

人の眠りは入眠後すぐにノンレム催眠という深い眠りに入って脳を休ませようとします。

 

 

そのためこのうたた寝や居眠りの時の体の揺れはしっかりと眠れている証拠なのです。

 

 

六角脳枕はこうした揺れが発生しても気道狭窄が起こらないよう枕が柔軟に変形します。

 

 

こうして寝返りを打ちやすくすることで安眠が得られるように工夫されているのです。

 

脳科学の研究にもとづき開発された安眠枕です!

 

枕が変わると良く眠れないとは良く言いますが、最近では、熟睡するために枕にこだわる人も増えています。

 

 

脳科学の研究に基づいた安眠・快眠ができる枕【六角脳枕】は、そのユニークな形が印象的です。

 

 

六現在枕での悩み「肩こり」「頭痛」「首こり」「不眠症」などを解消できるように研究し、開発された枕です。

 

 

雑誌や新聞などのメディアでも人気です。めざましテレビで寝返りしやすい枕として紹介されたりと、テレビでも人気になっています。

 

 

プロのアスリートや芸能人にも愛用している人が多く、夜ぐっすり眠って翌日のパフォーマンスを上げたい人を中心に、愛用者が増えています。

 

 

楽天市場でもレビューが多く、肩こりや首の痛みが軽減されたという声が集まっています。

 

 

枕を選ぶ時は、ついつい枕の高さを合わせようとしてしまいがち。

 

 

高さだけにこだわっても、しっかり眠れるというわけではありません。

 

 

仰向けの時の高さと、横向きの時の高さは、枕の高さが変わってしまいます。

ダブルの凸凹構造で、快適な寝返り感を実現!

寝返りを打つたびに首や頭が枕の高さと合わなくなってしまうので、そのたびに眠りが妨げられてしまいます。

 

 

首や肩に負担がかかるので、寝返りがうちにくくなってしまいますよね。

 

 

そのままの状態で一晩眠ると、首、肩が痛くなってしまったり、気道をふさいでいびきをかいてしまうようになったり、どちらにせよ熟睡ができません。

 

 

六角形の枕には、ウレタンを厚め、硬めにしたところと、薄めにしたところがあって、凹凸がある形になっています。

 

 

高いところで肩や首を支えるので、呼吸もしやすくなります。素材は低反発マイクロウェーブ素材で、通気性が良く肌触りも良い素材です。

 

 

気温の変化に強く、日本人のために設計した日本製の素材です。

 

 

ぴったりとフィットして、しっかり重さを支えてくれるので、頭や肩に安定感があります。

 

 

肌触り、寝返りにこだわった枕に、凹んだ部分には保冷剤を入れることもできます。

 

 

暑くて寝苦しい時にも、頭をひんやり適度に冷やして、寝入りやすくしてくれます。

 

六角脳枕で安眠を勝ち取ろう

 

しっかりと寝たのに、肩こりなどで悩まれる人はいませんか。

 

 

肩こりだけならまだましで、頭痛まできますとかなり厄介です。

 

 

実は人間は1晩で数十回の大きな寝返りを打ちますが、それにはしっかりと意味があります。

 

 

血流の流れを変えたりして体の平穏を保っているという側面がありますから、もし枕が合わないとたくさん寝返りが打てませんから、血流が悪化して首や肩こりが生じ翌日疲労感が残ってしまうという結果に繋がります。

 

 

こうした枕の問題を解決する手段としては、バスタオルを枕にひいたり寝る前に血行を良くしてから寝るといいといわれています。

 

 

しかし、そういうのは手間がかかりますから、最初から安眠が約束された枕の方が断然いいはずで、そこでお勧めするのが六角脳枕です。

 

 

六角脳枕のおすすめポイントは、『Wの凹凸構造』という点です。

 

 

頭を乗せる中心部は凸で、寝返りを想定して両サイドを凹ませていて、これが体に優しいです。

 

 

そして肩や首を乗せる周辺部はウレタンを厚めにして、しっかりと支えてます。

 

 

ですから、使用すれば、寝返りをしても頭・肩だけしか移動しません。

 

 

また、枕の高さで疲れが出るといわれていますが、人間の体にとって最適な高さに調節されていますから、首や肩の緊張を緩和して、最低限の寝返りで済んで快適な睡眠が得られます。

 

 

また、構造だけでなく材質にもこだわりがあります。

 

独自に開発した、低反発マイクロウェーブ素材を使用!

 

六角脳枕は独自開発ウレタンの「低反発マイクロウェーブ素材」を採用しています。

 

 

それぞれの枕には長所がありましたが、それ以上に短所もありました。

 

 

しかしこの枕はその端緒を最大限に抑えて、一体化できるようなフィット感を与えてくれます。

 

 

温度変化しにくい素材で、冬場でも同じ感覚で使用できますし、湿気の多い日本では使いやすいです。

 

 

また、構造内部には、保冷剤が含まれています。

 

 

実は頭寒足熱という言葉通り、頭が冷やされることによって、血液の量が安定して、体の循環が良くなって寝つきが良くなるのですが、六角脳枕の頭部に当たる部分は常温よりも若干ひんやりできる素材になっていて、これが安眠に重要な役割を果たしています。

 

 

このように、姿勢や枕の環境など多くの事を考慮して、作ったのが六角脳枕です。

 

 

安眠できると評判で多くのスポーツ選手から喜びの声が上がっています。

 

 

アスリートは睡眠がしっかりとしないと、成績に大きな影響が出ますからいかに素晴らしい安眠が出来るかがわかるでしょう。

 

 

皆さんも、是非活用してください。

 

>>六角脳枕 公式サイトはこちらから<<